雲遊天下27「2001年の冬を経て」木澤豊、橋本明子

第27号(2001/6) ISBN4-89492-014-X 800円+税

* 大和温「有山じゅんじ・本日のスタミナ」

<昼寝版=Siesta Edicion>「2001年の冬を経て」
* 辻中隆志「21世紀になっても窓からのアルプスと庭の眺めには変わりはない」
* 広田郁「大きなアンコウがにんまりと笑って近づいてきた」
* 村松寛通「言葉だけで済ますことなく、具体的な創造の場を若い人たちに呈示できれば」
* 正木利明「自分の心のちっぽけさと、年月の途方もない大きさとの対比をながめて」
* 元石純子「降るような星たちの空も仰げる高原の町、憧れだった月のクレーターまでも数えられる」
* 島岡良有「未だ世紀末の唄を歌いながら…」
* 湯野川恭子「考えてみればずっと、自分にとって<気持ちのいい場所>を探して生きてきた」
* 橋本明子「八郷に住んで、味噌と燻炭とパソコンと」絵*広瀬万知子
* 木澤豊「不思議いろいろ山村暮らし」絵*広瀬万知子
* 宮本一「Oh my かわうそ Life☆須磨の風2001」
* いとうたかお「小さな唄に手を引かれ、どこに向かうか、無何有の郷か」絵*小川エルトール
* 北村和哉「春の風が吹いていたら…春一番物語」
* 佐藤 GWAN 博「『青空』から『星空』へ」
* 豊田勇造「歌旅日記…夜を重ねて」絵*市居みか
* 田中研二「友人の思い出」絵*大野真由美
* 友部正人「三月のニューヨークから」写真*小野由美子
* 鵜戸口哲尚「舞い上がれ、ゴマ!」(チャールズ・ブコウスキー作)絵*二階堂茂
* 郭早苗「映画鑑賞…アンブレイカブル」絵*TSUCHIKA
* 勇村育世「お母さん舞台監督…21世紀を迎えるの巻」絵*あかさかひろこ
* 木村聖哉「故人追想…寺山修司」絵*畑佐実
* 川崎ゆきお「大阪日常物語…旅人の謎」
* 光山明美「ブルーリバー」絵*三好吉成
* 田川律「祖父黄鉄を訪ねる旅」絵*諸戸美和子
* 雲天シネマクラブ
* ミニコミ風雲録

表紙写真 浅井英美
販売価格 864円(税込)

ビレッジプレス直売所

  • 練馬区関町北1-11-17
    西武新宿線「武蔵関」駅より徒歩7分
    営業時間:月〜金 13時〜17時
    外出していることも多いので、事前にお電話をいただけると確実です。
    電話番号:03-3928-7699
    ★8月16日まで不在にしています。

Contents