武本睦子「ポルトガルのこうのとり」

武本睦子「ポルトガルのこうのとり」
ISBN4-89492-051-4
カバー・本文絵(武本睦子)

1971年より画家の夫・武本比登志と共に世界各地を旅したのち、1990年からユーラシア大陸最西端・ポルトガルに住み着いた。見るもの聞くもの食べるもの、様々な異文化と出会いそれを暮らしの糧に取り入れていく。好奇心旺盛な旅心は衰えることがない。好著「ポルトガルのえんとつ」に続く2冊目のエッセイ集。

<目次>
オビドスから始まった!/汽車は南の国境へ/ベラビシュタ詣で/秘伝ビコ味噌製造法/シャナナンゴドンコ/キンタの宝さがし/ポルトワインの究極のアデェガは…/アンダルシアのフライパン/キンタ・ド・フルナンド/アデェガ見聞記/ガンビアへの道/マデイラ島/ポルコ・デ・フルナンド/ボンテンポ マウテンポ/ピニャルノボの露天市/南蛮珍味/いつもの屋台で/アレンテージョの旅に出た…/アルカサールのコウノトリ
販売価格 1,595円(税込)