村元武著『プレイガイドジャーナルよ 1971〜1985』

村元武著『プレイガイドジャーナルよ 1971〜1985』』

定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-86249-282-1 C0036
東方出版

カバー絵 森英二郎
ブックデザイン 日下潤一

大阪労音、フォークリポート、プレイガイドジャーナル、つき合いも数えたら半世紀や。
いつも一緒に歩いたな。大阪、東京、バークレー。
そんなムラモッチャンが本書きよった。
おたがい裏方ながい間やってきたし。
こら読むしかないんちゃう!  ──田川律

イベント情報誌の15年
携わった人びとの記録


〈目次〉

序章 創刊からの2年間
1971年7月〜1973年6月 編集長・村元武

第1章 野崎町の春
1973年7月〜1976年6月 編集長・林信夫

 情報と読み物とに広がり。「ぷがじゃマガジン」刊行(74年11月)
 京阪神「青春街図」が出そろった有文社と単行本企画
 ニコニココンサート(74年1月)と音楽イベント
 第1回「アメリカ夏の陣」(74年7月)と海外旅行企画
 「フィルムワーク」(75年1月)と映画上映
 つかこうへい『ストリッパー物語』(75年5月)と演劇公演
 モリスフォーム「さらば大阪」(75年6月)
 「フォークリポート」わいせつ裁判一審無罪(76年3月)
 「WOW・WOW」創刊(75年8月)
 事務所をミナミへ移転(75年12月)

第2章 盛夏の清水町
1976年7月〜1980年2月 編集長・山口由美子

 増ページで特集・デザイン・表紙ともに充実
 単行本出版に踏み切り、『バイトくん』(77年11月)がヒット
 3年目以降の「アメリカ夏の陣」
 第1回「ネパール冬の陣」(76年12月)
 ミナミの地に根づく新事業
 続く「フィルムワーク」とドイツ映画祭、新進映画監督躍進
 東京ヴォードヴィルショー(77年1月)登場と拡大する演劇公演
 ついに春一番コンサート最終回(79年5月)、音楽イベントの縮小
 「フォークリポート」わいせつ裁判、控訴審と最高裁判決
 離散し入れ替わっていく編集部。有文社、クリエイト大阪のその後

第3章 塩町の秋
1980年3月〜1982年12月 編集長・森晴樹〜村上知彦

 B6ポケット判サイズ、最後の3年間(80年から82年)
 チャンネルゼロの動き
 単行本出版部門のその後
 映画『ガキ帝国』製作と公開(81年2月)
 新事業の展開、海外旅行企画の終わり
 好調続く演劇公演
 ますます困難になる音楽イベント
 大きな判型を選ぶ道筋と「マガジン83」プロジェクト

第4章 塩町・厳冬
1983年1月〜1985年9月 編集長・村上知彦〜小堀純

 B5判「プレイガイドジャーナル」スタート(83年1月)
 映画上映、演劇公演、単行本の取り組み
 「パキスタン自由遊覧」(83年12月)
 「21世紀ディレクターズユニオン」旗揚げ(83年4月)
 拡大路線が苦戦、編集長交代と元気な演劇公演
 単行本を突破口にと
 再建計画が進んだが壊れる(85年2月)
 新しい経営陣に移行(85年9月)
 マイナーかメジャーか

あとがき
販売価格 1,728円(税込)

ビレッジプレス直売所

  • 練馬区関町北1-11-17
    西武新宿線「武蔵関」駅より徒歩5分
    営業時間:月〜金 12時〜17時
    ※突然の外出もありますがご了承ください。

Contents