村元武著『プレイガイドジャーナルへの道 1968〜1973 大阪労音─フォークリポート─プレイガイドジャーナル』

村元武著
『プレイガイドジャーナルへの道 1968〜1973
 大阪労音─フォークリポート─プレイガイドジャーナル』

定価(本体1,600円+税)
ISBN978-4-86249-265-4 C0036
東方出版

カバー絵 森英二郎
ブックデザイン 日下潤一

ほんとうに素晴らしい過去の記録はいつだって、
未来に向かって開かれているのだ。─中川五郎

読み進めるうちに今の時代が浮かび上がり、それだけでなく、
これから先に自分たちはどんなことができるのだろうか、
といった夢や希望までをも思い浮かべてしまう。
ぼく自身同じ時代を同じ場所で過ごし、どの動きにも繋がりがあって、
とりわけ関西フォークの世界ではその真っ只中にいた。
さまざまなできごとを再確認し、新たな光をあてる一冊。
──中川五郎

<目次>
はじめに
第1部 「フォークリポート」の3年間(1969年〜1971年)
 第1章 「冬の号」がわいせつ容疑で押収される
 第2章 アート音楽出版に入社
 第3章 「フォークリポート」事始め
 第4章 1969年夏
 第5章 秋、失速の始まり
 第6章 転機の1970年と演劇センター68/70
 第7章 月刊から季刊へ
 第8章 退職へ
第2部 「プレイガイドジャーナル」創刊前後の3年間(1971年〜1973年)
 第1章 創刊までと創刊号
 第2章 先の見えない手探りの日々
 第3章 最初のコンサートとプレイガイド企画
 第4章 新事務所に移る
 第5章 2年目に突入
 第6章 編集長交代と事業拡充へ
第3部 大阪労音での最後の2年間(1968年〜1969年)
 第1章 再建案の討議が始まった
 第2章 系列体制に移行し新業務につく
 第3章 具体化する新規事業案
 第4章 機関審議が止まる
 第5章 闘い開始
 第6章 事務局体制組み替えへ
 第7章 反対勢力と全面対決
 第8章 敗退
 第9章 フォークフロンティア
 第10章 事務局員全員退職を決める
あとがき
関連年譜
販売価格 1,728円(税込)

ビレッジプレス直売所

  • 練馬区関町北1-11-17
    西武新宿線「武蔵関」駅より徒歩7分
    営業時間:月〜金 13時〜17時
    外出していることも多いので、事前にお電話をいただけると確実です。
    電話番号:03-3928-7699
    ★8月16日まで不在にしています。

Contents